「国際通信社」が発行する「経営者の価値観に迫る経済情報雑誌・月刊トップフォーラム」の制作スタッフによるブログです。取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-5013まで。


by topforum
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

視力とメガネ

約2カ月ぶりのH3号です。

H3号の最も優れている部分、
それは、実は視力なんですよね。
視力検査は全て即答して誰よりも早く終えるというのが、
H3号の特技です。

しかし仕事上、ずっとパソコンと向き合ってきたからか、
このところ視界がややぼんやりするように……。
そこでH3号は近頃、ブルーライトを遮断するメガネを掛けるようになりました。
目が悪くならないためにメガネを掛けるなんて本末転倒でしょ、邪魔でしょ、
と思っていましたが、今では気に入って職場以外でも頻繁にメガネを掛けております。
メガネがあると守られているような気がして、
人の目を気にしないで済むんですよね。

ただ度が入っていない、いわゆる伊達メガネなわけで、
それは何だかH3号の個人的見解としてダサイような気もする。
なので、「もういっそ視力落ちて正真正銘のメガネを掛けても良いな」
などと考えつつ、今もブルーライトを遮断し続けているH3号。
恐らく生涯このメガネを掛け続けていることでしょう。

さて、トップフォーラム今週3月28日、29日の取材では、
俳優の石橋正次さん、村野武範さん、
タレントの渡嘉敷勝男さん、布川敏和さんが
それぞれゲストインタビュアーとして各地の経営者様のもとを訪問致します。

どうぞ、対談をご期待下さいませ!
[PR]
by topforum | 2014-03-25 12:56 | 3号

やっと来た

ご無沙汰しております、1号です。
やっと春めいて参りました。本当にやっと……

寒さが苦手な私にとって、2014年はこれからと言っても過言ではありません。
幸い、花粉症に悩まされることもないので、
全身で春の陽気を享受することができます。

もうすぐしたら花見も楽しめるでしょう。
そうしたらきっと私は毎週の様に週末は花見をするのでしょう。
花見って、どうしてあんなにわくわくした気持ちにさせてくれるのでしょうね。
日本人に生まれて良かったと実感する瞬間です。

ちなみに沖縄では花見の習慣が無いとか。
ですが極寒の冬も無いことを考えると、住むに充分に値する島です。
いつか沖縄かハワイに永住したいと、本気で考えている1号でした。
[PR]
by topforum | 2014-03-19 18:44 | 1号

辛いもの断ち

またまたH2号です。

最近暖かくなったなーと思っていたら、また真冬に逆戻りしている昨今。
三寒四温を実感している今日この頃です。

ところで私は日中眠気に襲われると、目覚まし代わりに大好きな激辛ラーメンを食べます。
スパイスは頭の働きをよくするらしいし……。
と真っ赤なパッケージを机に置く度に周りに引かれているようなのですが、
先日読んだある記事に衝撃を受けました。

何と、辛い食べ物を食べて体温が上昇すると後で急激に体温が下がり、
それに伴って強い眠気が襲ってくる、というのです。

自分がやっていたことは真逆の効果しかなかった!? 
でも辛いものは食べたいし……。
取り敢えずむやみやたらに激辛ラーメンを食べないようにしようと思いつつ、
今日のお昼は担々麺でした。辛いもの断ちへの道は通そうです。

さて、トップフォーラム今週2月7日、8日の取材では、
女優の大沢逸美さん、女優の大西結花さん、
俳優の岡本富士太氏、俳優の加納竜氏が
それぞれゲストインタビュアーとして各地の経営者様のもとを訪問致します。

どうぞ、対談をご期待下さいませ!
[PR]
by topforum | 2014-03-08 12:48 | 2号
「国際通信社」が発行する、「月刊トップフォーラム」2014年3月号発刊のお知らせです。

トップフォーラムの最新刊は、 2014年3月号(2014年3月1日発売)です。
全国の書店では「注文制」になっておりますので、
以下ISBNコードを書店様にお伝えいただければ入手できます。

ISBN 978-4-434-18623-3

c0232801_12305570.jpg


《特集記事》

偽装に揺れる食品業界
JAS法の“抜け穴”を塞ぐことはできるのか──


《Top Forum Current Topics》

■ “第3の線”ブロードバンドが変えた 日本人の消費行動
■ 進む医療のグローバル化 ──メディカルツーリズム先進国に続け
■ 靖国是非の最大の論点── 「A級戦犯」合祀問題の考察 
■ エネルギー問題の救世主となり得るか── シェールガス革命がもたらすものとは
■ 40億人市場を掘り起こせ! BOPビジネスでWin-Winへ

※「現代画報社」が発刊する「月刊センチュリー」2014年3月号
 「報道通信社」が発刊する「月刊リーダーズアイ」2014年3月号も同日発刊となります。
[PR]
by topforum | 2014-03-01 09:00 | TopForum